カリマーsf(軍用・ミリタリー・迷彩)をカジュアルに使う

カリマーsfの本気度をカジュアルにあしらう快感!

(画像)

うぃっす!
陸カリマーを目指してる鍵和田(かぎわだ)っす。

 

ちょ、ちょ、ちょっと!
(画像)

 

なんなん、なんなん、なんなんこの物騒なデザインのリュックは!

カリマーSF:スペシャルフォース(軍用ミリタリー・迷彩シリーズ)

(画像)

 

イギリスの軍隊や警察の特殊部隊のために特別に開発されたモデルやて?ますます物騒やで!
こんなん、誰が使うんや、どこで使うんや(汗)

 

ま、まぁ、ちょっと落ち着こ。
このsfシリーズは、確かに特別なモデルだが、迷彩柄ばっかりじゃなくて黒もちゃんとあるっぽい。お、それならなんとかなりそうや。
sfシリーズの専用ロゴまであるだけあって、ノーマルバージョンより耐久性や収納力に優れとる。より「タフ」「ワイルド」っちゅーわけやね。そういうコンセプト自体は好きやでー。
ただ、そのぶんちょっとお値段も張る。まぁこれは本物である証みたいなもんやからしゃーないな。

 

迷彩柄の良し悪し

陸カリマーにとって、迷彩柄の実用性はゼロに等しい。つまり、完全なるファッションとして扱われるわけだ。
ここで、ファッションとしての迷彩柄が「受け入れられるか」だよな。街歩きで迷彩のリュックを担いで歩いてたら、どう思う。
いや、カリマーの公式ページみたく、めちゃ決まってればカッコいいかもしれん。

 

(画像)

こんなんな。
でもおれにこの高みはムリやで(笑)
周りから「あいつ、いい歳してミリオタ(軍事オタク)やで・・・」って思われるで。かっこ悪いで(泣)

 

まぁ、この辺の良し悪しは個々で違うからなんともやけど、おれ鍵和田は「すげーアイテムを、さらっと使うのが最高かっこいいんや!」って思ってる。まじ。そう思わん?

 

軍用リュックを普通の振りして使う

これ、めっちゃ気持ちいいやん。めっちゃ自己満足やけど(笑)

 

だから、無駄に軍用をアピールする迷彩柄は却下だな。
すごさを主張するのは、karrimor SFのロゴとリュック自体のフォルムだけで十分!

 

一見、普通のリュックと思わせておけばいいんだよ。分かるやつだけ「お、SFシリーズ初めて見たわ」って気が付いてくれれば満足。
いやいや、ファッションってそういうもんちゃう?実際。

 

色は基本的に迷彩以外にも黒とかコヨーテ色とかがあるから、まぁその辺はイケそうや。
(画像)

 

カリマーsfシリーズの種類

それじゃ、細かく見ていく前にどんな種類があるのか見ていこう。

 

(画像)

セイバー(SABRE)

 

(画像)

プレデター(PREDATOR)

 

(画像)

コマンダー(COMMANDER)

 

この3種類だ。詳しい意味はわからないが、それぞれに特徴のあるデザインなので軍事行動において一定の役割があるのだろう。知らんけど。

 

これら3つについての詳細は次のページで話そうと思うが、まーどれも黒はあるから基本的にはデザインと価格次第ちゃうんかな。

 

セイバー(SABRE)の詳細を見る

 

プレデター(PREDATOR)の詳細を見る

 

コマンダー(COMMANDER)の詳細を見る(ちょっと待っとってやー)