カリマー製、フリースで出来たレディース評判(口コミ)一覧

フリースで出来たレディースの評判(口コミ)一覧

(画像)

うぃっす!鍵和田(かぎわだ)っす。
今回はフリース素材について話すぜ。しかもレディース限定だぜ。ワケは聞くな(笑)

 

フリースってあったかいよな。発明したやつはすげーぜ。
カリマーでもフリース素材を起用した商品はもちろんあるわけだが、どれがフリース素材か最初わかんなかったから一覧にしてみたぜ。
ちょっと付き合ってくれ。

 

カリマーのフリースを使った商品(レディース)

全部で12商品あったぜ。
んー、そうだなー。一応トップとボトムを分けて並べるか。

 

トップ

(画像)

trail W's fleece

¥15,120 (税込)

 

ノーマルなフリースだ。新色が色がコレと白ってことか。街歩きには白が無難かー。
重さ230g。


 

(画像)

PG W's crew jkt

¥12,960 (税込)

 

すまん。執筆時点で写真がなかった。そろそろ公式サイトでは掲載されてないかな。上の写真をタップして確認してくれ。
重さ350g。


 

(画像)

trail W's fleece

¥15,120→¥10,584 (税込)

 

旧作のため、値下げされている。旧作って表現であってるのか?いやー、新作とどこが違うのかわからないし、値段下げすぎだろ。
重さ230g。


 

(画像)

PG W's pull

¥12,960→¥9,072 (税込)

 

値下げされている。
胸ポケットがあってちょっと便利そう。色はこれと青系のみ。
重さ260g。


 

(画像)

journey W's parka

¥19,440→¥13,608 (税込)

 

再販売で値下げされている。
フード付き。そで口のツートンがポイント。
重さ500g。


 

(画像)

journey W's vest

¥12,960→¥9,072 (税込)

 

値下げされている。
ちょっ、フリースのベストとかちょっと可愛くね?
重さ300g。


 

(画像)

rona W's crew

¥14,040→¥9,828 (税込)

 

値下げされている。
これなんか普段着に最適なんじゃないだろうか。色も黒/グレー/ネイビーと扱いやすい色が揃っているぞ。
重さ330g。


 

 

ボトム

(画像)

rona W's long skirt

¥13,608→¥10,886 (税込)

 

値下げされている。
アウトドアブランドでスカートっておかしくないか?って思うのは、おれが素人だからだろうか。
普段使いにいいと思う。というか、普段使いようの商品を展開しているってことなんだろうな。カリマー。
重さ380g。


 

(画像)

rona W's culottes

¥12,960→¥9,072 (税込)

 

値下げされている。
キュロットまであるのか。もう何でもありだなー。公式サイトの着用写真は夏なんだか冬なんだか不思議なコーディネートだ。
重さ320g。


 

(画像)

journey W's wrap skirt

¥11,664→¥8,165 (税込)

 

値下げされている。
・・・巻きスカートってこと?(汗)
重さ430g。


 

 

(画像)

rona W's long skirt

¥13,608→¥9,526 (税込)

 

旧作ということで、値下げされている。
380g。


 

(画像)

journey W's shorts

¥9,720→¥5,832 (税込)

 

値下げされている。
・・・・・下着ってこと?ババシャツ的な(困惑)
重さ250g。


 

 

 

フリース素材とは

フリース(fleece)とは、ポリエチレンテレフタラート(PET、ポリエステルの一種)で作られた柔らかい起毛仕上げの繊維素材である。

 

1979年にモールデンミルズ(Malden Mills)社(英語版)によって開発され、同社の商標であるPolatecが最も知られている。

 

フリースの原義は、羊一頭から刈り取られた一つながりの羊毛のこと。

 

特徴
「保温性が高い」「速乾性がある」「軽量」「簡単に洗濯できる」「肌触りが柔らかい」「安価」などの利点を持つ一方で、重ね着の組み合わせによっては「静電気がおきやすい」「火花によって簡単に穴が空く」「洗濯による毛玉(ピリング)ができやすい」といった短所も持つ。


<wikiより>

 

つーわけで、要するに天然素材ではなく、ペットボトルと同じ石油から作られた繊維素材つーことだ。
(画像)

 

レディース以外のフリース

今回はレディースに限ってみてきたが、見ているうちに欲しくなってしまうから不思議なものだ。
もちろん男物も揃っているので、男性で興味が湧いたという向きには、公式サイトを見てもらいたい。

 

全てのフリースを確認する