カリマーのダウンジャケットで普段使いに最適なデザインを紹介

ダウンジャケットで普段使いに最適なデザインはこれだ

(画像)

うぃっす!陸カリマーを目指してる鍵和田(かぎわだ)っす。

 

街歩きアイテムとしての筆頭はリュックだと思うが、ウェア関係だとダウンだろうな。
カリマーのようなアウトドアブランドだと、過酷な環境に耐えられるような本格的なものが多いから、どうしても街歩きには大げさなものになってしまうよな。

 

今回は、その中でも街歩きに最適なダウンを紹介しようと思う。

 

街歩き向きのダウン

一言にダウンといっても種類はいろいろだぜ。

 

パーカータイプ

(画像)
頭もすっぽり守ってくれるオーソドックスなパーカータイプ。

 

コートタイプ

(画像)
すその長いコートタイプ。デザイン的にも商品名的にも女性向けだな。

 

ベストタイプ

(画像)
袖のないベストタイプのダウンだ。
アウトドアのイメージにピッタリな感じだ。

 

ジャケットタイプ

(画像)
そう!普段使いとしてもっともイメージにピッタリなのは、この「ジャケットタイプ」じゃないだろうか。

 

ダウンジャケット

街歩きでも威圧感を与えない自然なデザイン。オーバースペックじゃなく、普段使いとして着こなせるのがこのダウンジャケットだと思う。
カリマーでも、ダウンジャケットを複数デザイン取り揃えているぞ。

 

ただし、ダウンジャケットなら何でも街歩きにOKかというと、そうでもない。
いくつか注意点を言っておこう。

 

ダウンジャケットを選ぶ際の注意点

デザインはシンプルなものを選ぶ

アウトドアブランドのダウンは、山の吹雪の中で人命を守り通すために存在している(とおれは思っている)。だから、どうしてもゴツイものが多い。だが、それでは街歩きには似合わない。
なるべくシンプルなデザインのものを選ぼう。
メーカー側も、普段使い用としてデザインしているものがあると思う。

 

色合いは単色のものを選ぶ

スキー場でのスキーウェアの色合いを思うかべてほしい。その恰好のまま、街中を歩いたらどうだろう。ちょっと目立ちすぎないだろうか?
アウトドアでは発見しやすいという利点から、目立つ色が比較的好まれている。
なので、感覚が麻痺したまま街歩き用を選んでしまうと、ちょっと行き過ぎなカラーになってしまうぞ。
ここは落ち着いて、地味なカラーを選ぼう。
ブラックやネイビーやブラウンで、単色だとベストだ。

 

ガチ性能のものを選ばない

そもそも性能がどうとか言われてもおれにはわからない。200フィル?1000フィル?意味がわからない。
でも大丈夫だ。見た目でいいのだ。見た目で。
そもそも、なぜダウンジャケットを選ぶ際の注意点を話しているかというと、街中で浮かないようにだ。
なので、性能が高い低いじゃなくて見た目で判断すればよい。要するに「いかにもすごそうなもの」は避けよう。そういうのは、男心をくすぐるからついつい手に取ってしまいがちだが、無駄に高くなってしまうし、ラフに扱えなくなってしまうので、気を付けよう。

 

カリマーの街歩き用おすすめダウンジャケットはこれだ!

 

(画像)

 

concordia down jkt

通常価格¥30,240 (税込)

 

これなら、どこからどうみても「普通の」ダウンジャケットだ。それでいて胸元のカリマーロゴがさりげなく主張しているのがいい!
超軽いうえに、ポケットをぐるりと裏返してジャケット自身をポケットにしまえる「ポケッタブル」なので持ち歩きにも収納にも便利だ。
春夏は夜の防寒、冬は日中に着用できる1年中使えるオールラウンドなモデル。これ一着あれば、間違いなし!

 

カリマーの他のダウンジャケットを探す

今回はおれが最適だと思う一着を紹介したが、他にの数着あるから興味があればデザインをチェックしよう。
 ↓
公式サイトで他のダウンを探す