カリマーのリュック(30L)は重い教科書や部活やサークルの道具も運べる

容量30リットルは教科書も部活の道具もなんでも入るで!

(画像)

(画像)

うぃっす!鍵和田(かぎわだ)っす。

 

容量が30リットルとなると、はっきりいって日常で使う物は何でも入るぜ。沢山の教科書や体操服や部活の道具、なんでもこいだ。
今回は、そんな頼れる30リットルを見ていくぜ。

 

頼れる30リットル

 

大容量といっても、用途はもちろん登山ではない。普段使いなのだ。
これ背負って、電車乗ったり、チャリ乗ったり、街を歩いたり。
だから、登山用の重装備はやはり似合わない。

 

そういった視点でみていくで。

 

(画像)

ridge 30 type1

¥21,384 (税込)

 

・・・・すまん。さすがに30リットルで街歩きはムチャがあるか(汗)
ケツの両羽根もついてるしなー。

 

(画像)
30Lのでかさを実感、おれが持ってるかなりでかい方だと思ってたラフマ(lafuma)のリュック、確認したら25リットルやった(笑)

 

(画像)
↑おれ鍵和田の今の愛用リュックやで。

 

やっぱ、街歩きようは25リットルくらいが限度かなー。

 

街歩きにの30リットルはデカすぎか?

30リットル限定だと1製品しかないわ。
むしろ、SFシリーズ(軍仕様)の方が30リットルが豊富だから、そっち見たほうがいいかもな。
ハイドロっつー超かっこいい30リットルのリュックがおすすめやで。
 ↓
カリマーsfの本気度をカジュアルにあしらう快感!